成長市場のカンボジアへ事業を拡大

KDDI株式会社 2015年09月03日

~インドシナ半島でのサービス提供体制を強化~

カンボジアは、実質GDP成長率が年率7.4%(注1)と東南アジアの中でも経済成長率の高い国です。また、2015年4月には、ベトナム、タイを結ぶ重要な幹線道路「南部経済回廊」(注2)が繋がり、物流網が飛躍的に改善されたほか、同国政府の積極的な外資企業誘致策(注3)により、新たな生産拠点として今後ますます多くの企業が進出し、ITインフラの利用ニーズなどの増加が期待されます。

南部経済回廊(みずほ総合研究所が作成した資料を基に、KDDI作成)南部経済回廊(みずほ総合研究所が作成した資料を基に、KDDI作成)

この度、プノンペン支店を新設することで、工場・オフィスのITインフラの構築から保守・運用サービスまでを日本品質で提供し、カンボジアに進出するお客さまの事業拡大に貢献します。

KDDIは、「南部経済回廊」が経由する全ての国に拠点を配置することにより、法人向けビジネスの提供体制を一層強化していくとともに、ミャンマーで展開する通信事業等、今後も東南アジアをはじめ、グローバルに通信事業を展開していきます。
なお、プノンペン支店の開設により、KDDIグループの海外拠点数は、28地域、63都市、107拠点となります。

KDDI シンガポール プノンペン支店について

拠点名 KDDIシンガポール プノンペン支店
所在地 カンボジア王国 プノンペン市
設立時期 2015年10月1日
事業内容
  • システムインテグレーションサービス
  • ネットワーク構築支援
  • ICT関連コンサルティング
  • 注1)出典: 日本貿易振興機構 (ジェトロ)。2013年実績。
  • 注2)ベトナムのホーチミン、カンボジアのプノンペン、タイのバンコクを結びインドシナ半島南部を横断する長さ約1,000キロメートルの主要道路。2015年4月に、ネアックルン橋 (つばさ橋) がカンボジアのメコン川に架けられたことで、「南部経済回廊」が繋がった。また、ミャンマーのダウェーまで繋がる計画がある。
  • 注3)投資適格プロジェクト (QIP) など。
  • ニュース&トピックスに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。