国際情報通信技術見本市「CeBIT 2017」への出展について

KDDI株式会社 2017年03月07日

KDDIは、2017年3月20日から3月24日までの5日間、ドイツ・ハノーバーで開催される、ITソリューションに関する世界最大級の展示会「CeBIT 2017」に出展します。
なお、KDDIによる「CeBIT」への出展は初となります。

「CeBIT」は、毎年3月にドイツ・ハノーバーの国際見本市会場で開催される情報・通信・デジタル分野のB to B展示会です。IoT、ビッグデータ、AI、クラウド、セキュリティなどの先端技術を活用したITビジネスに特化した展示会で、約70か国・地域より、約3,300社が出展 (注) するほか、約100か国・地域から約20万人 (注) の来場者が訪れます。来場者の5人に1人 (注) はドイツ国外から来場するなど、世界中から多くの方が訪れています。

KDDIは、日本がパートナーカントリーとして選ばれた「CeBIT 2017」において、会場内に設置される「ジャパン・パビリオン」(主催: ジェトロ) の「Life/Office/Society」ゾーンに出展し、車や農業・漁業など日々の生活の身近なところから、産業・インフラまで幅広く活用が期待されるサービス、技術などを紹介します。
「VRを活用した地震・津波等の災害対策ツール」や「スマートドローン」のほか、「SIMを活用したIoTセキュリティ技術」、「スマートグラス対応の遠隔作業支援システム (KDDI Vist@Finder)」、「消費電力・CO2の削減を実現する電力制御技術」、KDDIのデータセンター「TELEHOUSE」などを展示します。

注) 2016年実績。



各サービスの詳細については下記リンク先をご覧ください:

KDDI Vist@Finder

TLELEHOUSEデータセンター

詳細は別紙をご参照ください。
別紙:国際情報通信技術見本市「CeBIT 2017」への出展について
  • ニュース&トピックスに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。