TELEHOUSE EUROPEが 「Data Centre Solution Awards」を受賞 ~「TELEHOUSE LONDON Docklands North Two」の最高レベルの エネルギー効率性が評価~

KDDI株式会社 2017年06月13日

KDDIは、欧州現地法人TELEHOUSE EUROPE (社長:酒井 健) が、データセンター関連技術やサービスで革新的な功績を残した企業を表彰する「2017 Data Centre Solution Awards(以下DCS Awards)」(http://www.dcsawards.com/winners2017.php)を受賞したことをお知らせします。

「DCS Awards」は、25のカテゴリに分かれており、このたび、データセンターにおけるエネルギー効率性を評価する「Data Centre Energy Efficiency Project of the Year」カテゴリで受賞しました。

<授賞式の様子(注1)>

<「North Two」外観>

都市型多層階データセンターとしては世界で初めて「間接外気空調システム」を導入した「TELEHOUSE LONDON Docklands North Two (以下North Two)」において、PUE1.16(設計値)(注2)という最高レベルのエネルギー効率を実現したことが評価されました。
「間接外気空調システム」は、サーバールーム内の暖気を外気と熱交換し冷却するシステムで、一般的に郊外低層階タイプのデータセンターで採用されています。外気を利用することにより、低い消費電力で高い冷却能力を備え、データセンターの省エネルギー化に貢献します。

<間接外気空調システムイメージ図>


<「North Two」バーチャルツアー>

KDDIグループは、世界13地域、24都市、48カ所で、「TELEHOUSE」ブランドでデータセンター事業を展開しています。また約30年の提供実績を誇り、そのノウハウを活かしたサービスをお客さまに利用いただいております。今後も最新設備とコネクティビティを活かしたプレミアムデータセンター事業者として、お客さまのグローバルビジネスの展開をサポートしていきます。

(注1)左から2人目・3人目:TELEHOUSE EUROPEのAssociate Director, Allen ClarkeとTechnical Director, Andy Dewing
(注2)PUEとは、Power Usage Effectivenessの略で、平均消費電力量、設計値で算出され、データセンターなどのIT関連施設のエネルギー効率を表すひとつの指標。値が1.0に近いほど電気効率が良いとされる。

(参考)「TELEHOUSE LONDON Docklands North Two」について

「North Two」は、ロンドン中心地から約10kmという好立地に、総床面積約73,000㎡を有する英国最大のデータセンター「TELEHOUSE LONDON Docklands」内の既存3棟 のデータセンター(North、East、West)に続く4棟目のデータセンターとして2016年11月に開業しました。
 「TELEHOUSE LONDON Docklands」は合計530社以上の通信事業者、ISP、ASPとのダイレクトコネクティビティを実現させる世界有数のデータ集積地となっており、テレハウスが持つ約3,000のコネクティビティパートナー(キャリア、モバイル事業者、ISP、コンテンツプロバイダやエンタープライズなど)と接続可能な「TELEHOUSE Interconnect」のコンセプトを支える中心地です。


(※)関連ニュースリリース:
(2016年12月6日)英国最大かつ最高レベルのコネクティビティを兼ね備えた最新鋭データセンター「TELEHOUSE LONDON Docklands North Two」全面開業について

  • ニュース&トピックスに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。