世界190以上の国や地域でゼロトラスト型のリモート環境を実現する 「Cato Cloud」の提供開始

KDDI株式会社 2021年04月13日

グローバル拠点と連携し、ワンストップでサポートする体制を構築

KDDIは、高品質なゼロトラスト*1 型のセキュアなリモートワーク環境をグローバルで実現する「Cato(ケイト) Cloud」(以下 本サービス)を2021年4月13日から提供開始します。本サービスは、ネットワークとセキュリティの機能をクラウド上に集約しており、世界中で統一したセキュリティポリシーでの運用が可能となります。また、日本国内に加え、KDDIヨーロッパ、KDDIシンガポールでも同時に取り扱い、グローバルで展開する法人のお客さまに対して検討から導入、運用・保守まで国内外でワンストップでサポートします。

「Cato Cloud」構成イメージ<「Cato Cloud」構成イメージ>

提供背景

  • 日本国内ではテレワークの広がりに伴う働き方の変化に対応するために、リモートアクセス環境の整備、セキュリティ対策の強化、クラウドサービスの導入などが進みました。
  • 国内ではリモートワーク環境の整備が進んできた一方で、海外では現地法人や拠点ごとの管理となっていることや、エンジニアが不足しているなどの課題も多く、国内外でセキュリティポリシーや利便性などに差分が生じています。
  • さらに、国内外に多くの拠点・人員を有する企業においては、世界中のリモートワーク環境からクラウド上のさまざまなSaaS型アプリケーションにアクセスする必要があり、ユーザーの利便性を妨げることのない、ネットワーク整備とセキュリティ対策も必要となります。

本サービスについて

  • 本サービスは、KDDIが提唱する「マネージド ゼロトラスト」*2 の6つのコンポーネントのうち、セキュリティとネットワークに該当し、世界190以上の国や地域において、高いセキュリティを確保したリモートアクセスを可能とするクラウドサービスです。
  • 本サービスでは、クラウド上にネットワークとセキュリティ機能が集約されているため、世界中で統一したセキュリティポリシーでの運用が可能となり、高い安全性を確保できます。
  • SaaS型アプリケーションなどのクラウドサービスのトラフィックを最適にルーティングすることで、ファイルのアップロードやダウンロードなど帯域幅を必要とする操作のパフォーマンスが向上します。
  • KDDI提供の「グローバルIP-VPN」と本サービスを組み合わせて利用することで、構築済みのグローバルネットワークにリモートアクセス環境を簡単に追加できます。

本サービスの提供にあたり、Cato Networks, LtdのCEO兼共同創設者シュロモ・クレイマーは次のように述べています。
「企業がクラウドを採用し、ユーザーがあらゆる場所で作業しているため、データセンターとブランチオフィスのみを接続するという従来のアプローチはもはや効果的ではありません。今日のエンタープライズネットワークは、俊敏性・安全性・柔軟性を備え、すべてのエッジ(ブランチオフィス、データセンター、クラウドリソース、リモートユーザー)を1つのグローバルネットワークに接続する必要があります。Cato Cloudを使用するとKDDIのお客さまは、そのようなソリューションを手に入れ、パフォーマンスや管理の可視性を損なうことなく、世界中の企業リソースへの安全なアクセスを利用できます。KDDIと提携し、世界中のITリーダーがCato Cloudの力を活用できるように支援することを楽しみにしています。」

KDDIは今後も、デバイス・ネットワーク・ID・クラウドなどのコンポーネントと運用・管理をワンストップで提供する「マネージド ゼロトラスト」を通じて、国内外のお客さまのイノベーティブな働き方の実現に貢献します。
詳細は下記をご参照ください。

本サービスの特長

  • ネットワークとセキュリティ機能をクラウドで提供し、全世界190以上の国や地域でセキュアなリモートワーク環境を実現します。
  • 全世界60カ所以上のPoP*3 を通じて、クラウドアプリケーションへのルーティングを最適化し、エンドユーザーのインターネット上のアプリケーションの体感品質を向上します。
  • KDDIが提供する「グローバルIP-VPN」と本サービスを組み合わせて利用することで、既存のネットワーク環境に加え、グローバルでリモートアクセス環境を簡単に整備することができます。

Cateセキュリティ機能概要

グローバルでのサポート体制

  • 日本国内に加え、KDDIヨーロッパ、KDDIシンガポール、KDDIアメリカ(2021年6月末までに提供予定)でも本サービスを提供し、国内外を含めて、検討から導入、保守までワンストップでサポートします。
  • グローバルでの通信事業者であるKDDIの経験豊富な運用窓口が、24時間365日、日本語・英語で、お客さまを現地でサポートするため、安心してご利用いただけます。
  • 今後、オプションサービスとして、サービスデスク対応やセキュリティインシデント発生時のサポートなども提供を行います。

提供開始日

2021年4月13日

法人のお客さまからの問い合わせ先

KDDI法人営業担当またはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

(参考)マネージド ゼロトラスト*2 の6つのコンポーネント

KDDIは、ゼロトラストモデルを実現するために必要となるコンポーネントを「マネージド ゼロトラスト」のなかで6つ掲げており、本サービスは、「セキュリティ」と「ネットワーク」に該当します。

マネージド ゼロトラストの6つのコンポーネント<マネージド ゼロトラストの6つのコンポーネント>

  • *1ゼロトラストとは、社内・社外のすべてのトラフィックを信頼せず、サービスのアクセス時などデバイスごとに検査、ログ取得を行うことで、セキュリティを強化する考え。
  • *2「マネージド ゼロトラスト」とは、ゼロトラストを実現する上で、各段階のお客さまの構成に合わせて、最適なソリューション(課題解決)をKDDIが支援すること。また、ゼロトラストに対応する6つのコンポーネントをKDDIがマネージド(管理・運用)して、ワンストップで提供するというコンセプトワードです。
  • *3Point of Presenceの略で、本サービスのユーザーが利用する、最寄りの接続点(サイト)のことを指します。

  • ニュース&トピックスに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

海外での法人サービスのお問合せ