KDDI、Zscaler, Inc.と再販契約を締結 ~クラウド型セキュリティサービス「 Zscaler with KDDI」の国内提供を強化~

KDDI株式会社
KDDIデジタルセキュリティ株式会社
2019年07月17日

KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋誠、以下KDDI)は、オンプレミス環境と同様のセキュアなインターネット環境を実現するクラウド型セキュリティサービス「Zscaler with KDDI」の販売を強化するため、Zscaler, Inc.(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ)と2019年6月14日に再販契約を締結したことをお知らせします。KDDIとKDDIデジタルセキュリティ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:森岡秀、以下KDS)が一次販売代理店として提供し、お客さまのSaaS環境をサポートします。

リモートワーク環境からのアクセスによる生産性向上や、働き方改革、グローバル展開を進める多くの企業では、クラウド利活用、ローカルブレイクアウトを進める一方で、高水準のセキュリティを確保し続けることが難しいという課題に直面しています。企業の持続的な成長のためには、国内拠点はもとより海外拠点を含めた一元的なサイバー攻撃への対策や、高品質で効率的なセキュリティサービスの導入がより重要です。

世界最大規模のクラウド型サイバーセキュリティサービスを展開するZscaler, Inc.のクラウドは、インターネット利用環境を高水準のセキュリティレベルに保ち、お客さまのご要望に柔軟に対応することが可能です。「Zscaler with KDDI」のクラウド環境を通ることで、お客さまは、国内外にあるどの拠点からでも、統一された情報セキュリティガバナンスの中で、安心安全にインターネットを利用することが可能です。

KDDIは、拡張性の高いネットワーク&モバイルサービスとセキュアなクラウドサービスをワンストップで提供しており、当社の高品質な回線でZscaler, Inc.のクラウドに接続することで、お客さまが安心して利用できるインターネット環境の構築を強力に支援します。

KDSは、セキュリティに特化したラックとKDDIの合弁会社として総合的なセキュリティソリューションを提供しており、導入支援、日本語による問い合わせサポート、障害・メンテナンスの能動通知、運用開始後のアフターサポートを通じて、導入から運用までお客さまのセキュリティ業務全体の負荷を軽減します。将来的には、セキュリティ監視サービスの提供と併せて、お客さまのインターネット環境からZscalerを介したアクセス先に至るまでのネットワーク監視サービスも提供を検討します。

Zscaler社のワールドワイド・グローバル・アライアンスおよびチャネル担当バイスプレジデント、アル・キャラベリー氏は次のように述べています。「私たちはKDDI、およびKDSと提携し、日本および世界の顧客企業をサポートすることをうれしく思っています。SD-WANの統合と組み合わせることで、ZscalerとKDDIは“Zscaler with KDDI”ソリューションを通じて、データを保護しながら、インターネットやビジネスに不可欠なアプリケーションへの高速で信頼性の高い接続を提供します。我々は、このパートナーシップが企業のデジタルトランスフォーメーションを実現していくことを期待しています。」

当社と共にZscalerサービスを協業販売する富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:時田隆仁)ネットワークサービス事業本部長の須賀 高明氏は、次のように述べています。
「企業システムのクラウド化に伴うインターネットトラフィックの急増への対応、働き方改革による利用形態の多様化への対応、グローバルなセキュリティポリシー管理を背景に、ウェブセキュリティ対策に対するクラウド化の要望が増えております。Zscaler社の提供する高水準のクラウドセキュリティサービス、KDDIグループのネットワークサービス・運用と、当社サービスを組合せることで、よりお客様環境に即したセキュリティサービスの提案ができると期待しています。」

KDDIとKDSは、法人のお客さまのビジネスに貢献し、新しい体験価値を創造していきます。
詳細は、下記をご参照ください。

クラウド型セキュリティサービス「Zscaler with KDDI」サービス概要

一般的なプロキシ・フィルタリングサービスが持つ、URLフィルタリング、アンチウィルス、アンチスパイウェア等のセキュリティ機能に加え、SSL通信の脅威検査、ポリシー制御、高度な(未知の)脅威保護、サンドボックス機能、帯域制御、ファイアウォール機能までをクラウド上で提供します。サブスクリプション・バンドルの選択に加え、オプションで必要な機能を付加し、ご利用いただくことが可能です。管理画面の言語は、6か国語に対応しています(日・中・英・仏・独・西)。

KDDIとKDSはこれらZscalerサブスクリプションの提供に加え、日本語による問い合わせサポート体制の提供、ならびに構築SI支援提供を通じて、お客さまが既存環境からZscalerクラウドサービスへ円滑に移行することを支援します。

提供料金

詳細についてはKDDI営業担当者までお問い合わせください。

お問い合わせ

Zscaler with KDDIの商品ページからの問い合わせ、またはKDDI営業担当者までお問い合わせください。

  • ニュース&トピックスに記載された情報は、発表日現在のものです。
    商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。