KDDI Cloud Inventory

充実の機能とシンプルな操作で端末を一元管理!

概要

企業が管理すべきIT資産の範囲は、従来のPCからスマートフォン、仮想デバイスなど、とても広くなっています。
“KDDI Cloud Inventory”は、日本はもちろん、海外拠点に散在する、Windows PC、Mac、アンドロイド、iOSモバイルなど、ビジネスで使用されている様々な端末を、一元管理し、自動セキュリティ診断をすることが出来ます。

  • クラウドで、どこからでも日本や海外にある業務端末を簡単に管理することが可能。
  • 1つのwebコンソールでデスクトップからモバイルまでさまざまな端末を管理することが可能。
  • 業務端末の管理タスクを、自動化でき、楽々管理。
  • webコンソールは、中国語、英語、日本語と3か国語のユーザインターフェースから選択可能。
  • 企業がもつセキュリティポリシーを、日本や海外関係なくすべての端末に適応することが可能。
  • 標的型攻撃やランサムウェア等の未知のマルウェア検知・防御・駆除にも対応。

NEW! 新機能追加!

オプション「不正端末検知」とは?

KDDI Cloud Inventoryのエージェントがインストールされていない端末をLAPセンサーが検知・ブロックし、情報漏洩のリスクを減らします。今回、LAPセンサーとKDDI Cloud Inventoryを連携することにより、インターネット接続のみで、各拠点の不正端末の検知・ブロックを実現。 さらに、エージェントからの情報により、ホワイトリストが自動更新され、情報システム部門の運用負荷を削減することができます。

KDDI Cloud Inventoryの特徴

海外に分散されているさまざまな端末も一括管理!

“KDDI Cloud Inventory”はクラウドサービスとして提供されるため、管理者様はネットワークにつながるさまざまなデバイスを、1つのwebコンソールで一括管理できます。
グローバルに拠点を展開されている企業では、業務端末は国内だけでなく、海外拠点に散在しております。それらを管理するのは大きな負担であり、且つ管理が行き届かない場合もございます。
KDDI Cloud Inventoryは、的確でわりやすいレポート機能を提供することで、お客様の運用負荷を軽減するとともに、確実に世界中の端末を管理化に置くことができます。
KDDI Cloud Inventoryは、企業のポリシーに沿った細かなセキュリティ設定と管理項目で端末を守ります。デバイスが様々なリスクにさらされることを避けて、安定した業務を提供します。
また、それら管理項目に従って、常に自動で端末のセキュリティポリシーに違反がないかを照らし合わせることで、簡単かつ確実にデバイスの脅威を発見して、回避することができます。

自動セキュリティ診断でITデバイスの管理工数削減

セキュリティポリシーにそってマルウェアや脆弱性診断等などのアンチウイルスソフトの情報やOSパッチ情報等のセキュリティ辞書を毎日自動で更新し、企業がもつ全ての端末のセキュリティポリシーに違反がないかチェックし、レポートを作成します。セキュリティ管理者様がすべきことは、ダッシュボードを見て、セキュリティ診断後の(結果を色やグラフなどであらわされた)結果を参照するだけです。

トライアルお申込み

まずは、無料お試しサービスで実際の機能をご確認ください。

  • 無料お試しサービスをお申し込みいただくと、30日間無料お試しサービスのアカウントを発行いたします。
  • 発行アカウントにて、無料お試しサービスサイトにログインしていただくと、KDDI Cloud Inventory機能を実際にお試しいただけます。無料お試しサービスは、製品の導入をご検討中のお客様向けサービスです。

機能一覧

【KDDI Cloud Inventory】サービスのご紹介
サービスのご紹介

【KDDI Cloud Inventory】ダッシュボード編
ダッシュボード編

【KDDI Cloud Inventory】自動脆弱性診断編
自動脆弱性診断編

【KDDI Cloud Inventory】ハードウェア情報編
ハードウェア情報編

【KDDI Cloud Inventory】ソフトウェア情報編
ソフトウェア情報編

【KDDI Cloud Inventory】操作ログ取得編
操作ログ取得編

【KDDI Cloud Inventory】外部デバイス制御編
外部デバイス制御編

【KDDI Cloud Inventory】ふるまい検知編
ふるまい検知編

お問い合わせ

価格や製品のお問い合わせはこちらから